簡単・スピーディー!¥0からはじめる電子契約電子契約システム【契約大臣】ヘルプサイト

認証タイプとは(契約先の2要素認証)

契約先の本人認証方法を設定します。
・Eメール認証
契約先のメールアドレスによる認証を行います。
契約書送付時に送られるメールが到達していることで、認証を完了します。

・Eメール+電話認証
契約先のメールアドレス+電話番号による認証を行います。
メールアドレスのみの認証に対し、2つの要素で認証を行うことで、「なりすましではない、本人であること(本人性)」の根拠をより高めています。
特に証拠力の高い電子署名を用いる重要な契約の場合は、2要素認証をおすすめします。

2要素認証は本人性を向上するための認証方法です。認証方法により契約の法的効力への違いはありません。

2要素認証の流れ

契約元の対応】
①契約元は、契約書を送付する契約先のメールアドレスと認証を行う電話番号を設定します。
②契約書を送付します。
【契約先の対応】
③契約先は届いたメールに記載されているURLにアクセスします。(Eメール認証)
④契約の締結を行う前に、電話認証を行います。
認証コードを受け取る方法を『音声ガイダンス』または『SMS(ショートメッセージサービス)』から選択します。
※SMSは携帯電話のみ対応
⑤契約先の電話番号に、音声ガイダンスの場合は電話がかかり、自動音声から認証コードが告げられます。SMSの場合は認証コードが記載されたSMSが送られます。
⑥認証コードを入力し、正しいことが確認できると契約締結画面に進みます。(電話認証)

契約先の操作:電話認証を行う(2要素認証)