簡単・スピーディー!¥0からはじめる電子契約電子契約システム【契約大臣】ヘルプサイト

電子署名機能、合意締結証明書リリースのお知らせ(2021/12/1)

いつも契約大臣をご利用いただきありがとうございます。

2021年12月1日(水)に下記機能をリリースいたしました。
また、新機能リリースを記念した期間限定キャンペーンを実施いたします。

・電子署名機能(電子署名法第3条)対応)
・合意締結証明書

==============================

【電子署名機能(電子署名法第3条)対応)】

■機能説明
契約書の送信時に、電子署名の付与が可能になります。
送付先メールアドレスの設定時に、契約締結時に付与される署名タイプを
「電子署名(電子署名+認定タイムスタンプ)」または
「電子サイン(認定タイムスタンプ)のどちらを選択します。

■署名タイプについて
・電子署名
  事業者署名型と呼ばれる電子署名です。契約締結の証明として、契約書に「いつ」「誰が」「何を」の情報が含まれた電子署名と認定タイムスタンプを付与し、サーバー上にも締結された日時などの情報が記録されます。
  電子署名の付与で、より信頼性の高い締結合意が可能です。
  契約大臣では、JIPDECの厳格な基準に基づく審査を実施しているサイバートラスト社のiTrust リモート署名サービスを採用しています。
  大型の契約やはじめての顧客との契約などにおすすめです。

・電子サイン
  契約締結の証明として契約書に認定タイムスタンプを付与し、サーバー上にも締結された日時などの情報が記録されます。
  電子署名の付与はありませんが、契約者本人の意思で締結したものとして法的根拠が認められています。
  主に雇用契約書や社内手続き書類などにおすすめです。

参考:コラム「契約書の電子化とともに進む「電子署名」とは?」

署名タイプの設定方法



【電子署名お試しキャンペーン】

詳細は下記ページをご覧ください。
【期間限定】電子署名お試しキャンペーン

==============================

【合意締結証明書】

■機能説明
契約に合意した証明として、締結時に「いつ」「誰が」「どの契約書に」締結したかの情報を示した証明書を発行します。
契約の締結が行われると契約書の送信者・受信者それぞれに、締結した契約書と一緒に合意締結証明書(PDF形式)がメールで送られます。
また、契約書の詳細ページからも取得が可能です。
※合意締結証明書が送付されるのは、本機能リリース後に送信された契約書からです。

合意締結証明書の取得と確認方法

==============================

ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームまでご連絡ください。

今後とも契約大臣をよろしくお願いいたします。