簡単・スピーディー!¥0からはじめる電子契約電子契約システム【契約大臣】ヘルプサイト

署名タイプについて

契約書の送信・契約締結時に付与される署名のタイプを選択できます。

選択可能な署名タイプ

・電子署名


事業者署名(立会人)型と呼ばれる電子署名です。
「誰が」「いつ」契約書の送信、締結を行なったかの情報が含まれた電子署名と認定タイムスタンプを契約書のPDFファイルに付与し、サーバー上にも締結された日時とメールアドレスの情報が記録されます。
電子署名が付与されることで、より信頼性の高い締結合意が可能です。
契約大臣では、JIPDECの厳格な基準に基づく審査を実施しているサイバートラスト社のiTrust リモート署名サービスを採用しています。
大型の契約やはじめての顧客など、主に取引先との契約や重要や契約などにおすすめです。

使用例
・基本取引契約書
・業務委託契約書
・売買契約書
など

電子署名はAdobe Readerで契約書のPDFファイルを閲覧すると確認できます。
電子署名の確認方法はこちら


・電子サイン
「いつ」契約書の締結が行われたかの情報が含まれた認定タイムスタンプを契約書のPDFファイルに付与し、サーバー上にも締結された日時とメールアドレスの情報が記録されます。
電子署名の付与はありませんが、契約者本人の意思で締結したものとして法的根拠が認められています。
主に社内手続き書類などにおすすめです。

使用例
・雇用契約書
・入社時誓約書
など
  
※使用例はあくまでも一例です。どちらの署名タイプを用いるかはお勤め先の法務担当部門などにご確認ください。

参考:電子署名の概要・役割・効力など